Header Unit

6臆円の価値がある朝食

どうやって起こったのか?

ジョエル・ナッシュは朝食を買う途中に、2枚ロト宝くじを買うことにした。 おそらく彼がその選択をしたことを後悔することは決してないだろう。 なぜって? それはそのロト宝くじで彼は素晴らしい6臆を稼ぎ出すことになるのだから。 「邪魔にはなりません。」彼は言う。

ジョエル・ナッシュはイギリスのバースに住んでおり、毎朝決まったレストランに朝食を取るため立ち寄る。 いつもなら彼が朝にする事といえばこれだけだ。 しかし2週間前、そのいつもの流れに別の物を加えたのだ。 彼はロト宝くじで2枚のチケットを購入した。

信じられない当選
 
この47歳の男性はあの朝、朝食と一緒にそのくじを買ったことへの後悔はない。 彼はくじの全ての正しい番号を当てて、大当たりの6億円を手にしたのだ。 
「それが起きたことに本当に感謝しています。 私たちには素晴らしい家庭があり、それをより良くするためのお金は必要ありません。 でも邪魔にはなりませんね。」と、彼は報道会見で述べた。
ジョエル・ナッシュは自営業を営んでおり、最初はどの程度買ったのか知らなかったとも我々に教えてくれた。
「宝くじの本社まで行って初めてその大当たりが6臆だと知りました。 ただただ私達は信じられませんでした!。」