三店方式とは

最近話題になることが増えたオンラインカジノですが、海外の正規ライセンスを取得した運営業者が、日本向けにネット上で営業することを取締る法律は存在しないので、利用者が逮捕されることはありません。即ち、オフホワイトと言うかグレーゾンではありますが、合法的に遊ぶことは可能で、ジャックポットで億単位の大金を当てた日本在住プレイヤーも問題なく賞金を手にしています。

 

日本でのギャンブルのグレーゾンの元祖と言えばパチンコです。パチンコで勝利すれば玉を現金ではなく、特殊景品に交換してくれます。

その特殊景品をパチンコ店の近くにある古物商(店の裏の窓口)に持っていけば現金で買い取ってくれます。

古物商は買い取った特殊景品をパチンコ店に卸す。この仕組みが「3店方式」です。「入浴料を頂くだけです」と言う別の業種のグレーゾンもありますが(笑)😂😂😂

三店方式とは

カジノと政治

 

パチンコ業界がグレーゾンでありながら長年摘発されることが無かったことには理由があります。

先ずパチンコ業界を取締る団体は警察OBで成り立っています。いわゆる天下り先です。そしてパチンコ業界からは政治家に献金が流れていたり、組織票の存在が見え隠れします。

トップサイト 評価 ボーナス レビュー 訪問
入金する度に豪華5%現金特典を進呈 レビュー 今すぐアクセス
3回使える初回入金特典は全て賭け条件ナシのフリースピン! レビュー 今すぐアクセス
今、登録&入金でGET! カジノ&スポーツで使える レビュー 今すぐアクセス
日本限定!最大$500ウェルカムボーナス レビュー 今すぐアクセス

カジノ法案が可決され、日本に3箇所のカジノ建設が決定されました。近年パチンコ業界は縮小傾向に悩まされていますが、カジノ業界が今までパチンコの担ってきた役割を引継ぎ、新たに政治との繋がりができることは予想されます。日本でカジノが根づけばオンラインカジノの運営もグレーからホワイトに変わる可能性はゼロではないかも分かりません。

 

日本での運営が許可されるとぞれなりの税収も期待できます。😯😔